スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

国家の手口(増税)

 無知な俺でも、こりゃひでえ!ってのがありました!


平成19年から税源移譲っていうのがあったのを皆さんは知っていますか?

たしか小泉内閣で「地方のことは地方で!」とかいうキャッチフレーズだったかな?
要するに国に納めるべき税金を減らして、その減らした分を都道府県・市区町村に納めるという内容のものです。

物凄く簡単に説明するとこういうことです。

[従来]
年間給与 500万
-所得税 119,000円
-住民税 76,000円
手取り 4,805,000円

  ↓

[改正後]
年間給与 500万
-所得税 59,500円
-住民税 135,500
手取り 4,805,000円

※所得税は国に納める税金、住民税は都道府県、市区町村に納める税金のことです。

国税庁のHPにも次のような記載があります。
税源移譲



国税局のHPです
http://www.nta.go.jp/sonota/sonota/osirase/topics/data/h18/5383/01.htm


「税金の移し替えなので、所得税と住民税とを合わせた税負担が変わることは基本的にありません。」

税金の納付先が変わっただけで他には変化はありませんというような内容の記載があります。


 俺は会社でいう総務という部署にいました。長年総務をやっていました。個人の給与やら税金関係や社会保険関係のことなどをやっていました。(今は全く別の部署にいますが^^;)
 この増税を知ったのは、「年末調整説明会」に出席したときでした。

 そして最初聞いたとき、えええええ!すごい増税!ってかなり頭にきたのを覚えています。そして説明を行う区役所の人間に問いました。
ぱろ「これって増税ですよね?社員にはどう説明しましょう?」
区役所の人間「ええ~そう言われましても、決まったことなので・・・」
その説明会には税務署の人間も来ます。偉そうに挨拶などはしますが、質疑応答の時にはもう姿はありませんでした。
区役所の人間も税務署の人間には低く接していました。「ああ~かわいそうだな」と思う反面、国の役人って偉そうだよなと思ったのを覚えています。

帰宅してからまずは市役所に電話しました。

(H18年12月ころ)
ぱろ「税源移譲って増税って一言も書いてないのに実質臨時増税ですよね?」
役所の人「市と国では税金の徴収時期が異なるためにこうなってしまうんですよ」
ぱろ「新聞にもどこにも増税って書いていません。これって誰に文句言えばいいんですか?」
役所の人「強いて言えば国税局とか総務省になると思いますが、これは国会で決まったことなんで・・・。」
ぱろ「では、泣き寝入りするのがいいのですね?」
役所の人「・・・・」



わかりやすく検証してみましょう!


 住民税は各市町村によって若干異なります。またわかりやすくするために給与の額を500万円と固定します。ずっと500万円とします。
 本当はもう少し複雑なんですが、わかりやすく表現するためにざっくりいきます。
 期間はH18年1月~H19年12月までとします。

検証結果

税源移譲のトリック
※国税=所得税
※地方税=住民税

結論
6万円弱(おおよそ15%)を臨時徴収されています。
②「あなたの(しばらくの間の)手取りは変わりませんよ」というトリックです。住民税(地方税)は1年後に支払い義務が生じます。ゆえに見えないことをいいことに臨時増税されているんです。
③過去に遡って増税されているんです。H19年から施行なのに、前年の地方税(H18年の働きに応じて課税される)を増税されているんです。

 このトリックがばれるのは、退職して仕事に就かなくなったときにずしって来ます。1年でトリックを見破る人もいれば、30年後の人もいるかも。あるいは、退職したころにはこの「税源移譲」のことなんて忘れているかも?(そういう人のほうが多いか…)


やはり似たようなことを思う人もいるみたいですね!

http://kimutax.livedoor.biz/archives/50926499.html
↑どこかの税理士?会計士のブログです。


この国は国民に誠実ではないのだろうか?
| コメント:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

ぱろ

Author:ぱろ
3児の父親です。ごく普通の会社員です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。