スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

ウチワネタ小説1

1.じんべえ編

「冒険者として立派にやっていけるかね?」
「もちろんです!」
心弾ませ彼は街に出た!
明るい懐かしい陽射しを感じる。古都の空気は変わっていない、あの武器屋も中央にある噴水も。
「ハーイ!じんべえ!」
「やほ~ドロシー!」
ついに戻ってきたんだ!うん!俺やったるでぇ!


1週間前の出来事

 懐かしいパ四角から1本のビデオが届いた。「うわ!これベータじゃねえかw」
(※ベータとVHSは昔のビデオのカセットの形式です。ベータは流行しなかった。)

 じんべえは大好きなカップラーメンにお湯を注ぎビデオを再生した。


パ四角「じんべぇ~!俺に手を貸してくれ~!どーしても必要なんだ!来てくれたら大切な花火コレクションをあげちゃう!・・・かも?」

外見とは裏腹に義理堅いじんべえの心は揺れていた。

ビデオは続いて最近のギルドバトルなどの映像が映っている。
じんべえの麺をすする手が止まっていた。
久々に忘れていたじんべえの心をくすぐるような内容だった。

パ四角「という訳で待ってるわw なおこのビデオは3秒後に爆発するんで気をつけてよ!あははははw」

パァァァン

「パ四角めww」

ちょっと!じんべえさん、鼻から麺が出たままですよ!
| コメント:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

ぱろ

Author:ぱろ
3児の父親です。ごく普通の会社員です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。