スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

肉食をやめた

ぱろです
今回は、赤石とは全く関係のない個人的なことです!

 先日紅茶さんと少し話していて、ここ最近ずっと肉(牛肉・豚肉)を食べていないという話をしました。
 鶏肉、魚類は少々食べているので、まだ完全なベジタリアンという訳ではありませんが、その理由を少々w
 ①現在私たちが食べている家畜環境があまりにも酷いため
 ②もしも、人間が家畜として飼われていたら…食べられるためだけに生きていたら…
 ③日本にも外国にも、ほどんど何も食べなくても生きている人がいるという事実(あまり公にされていませんが)を知ったということ

 これらが理由で肉食をやめました!
 おかげで体重が減りましたw(身長175体重75→身長175体重68)
 ※食べる時に40回以上かむことにしています

このサイトで菜食の勧めをしています
http://saisyoku.com/

↓これは衝撃的でした;;(自己責任で見てください)



 とりあえずの目標が、米(玄米系)、魚、植物(野菜類)、卵(放し飼いの鶏)という食生活を実現させたいです!

 最終的な目標は、何も食べなくても生活できる体作りですね^^!

 やばい・・・変人だと思われてしまう;;
 (思いっきり変人ですがw)


 何も食べない人間は、簡単に言うと光合成をしているようです。
 何も食べない人間になるためには、うまく自分の脳を、自分で洗脳しなくてはいけないということです。

 以前テレビで見たのですが、催眠術をかけられて、天然水を砂糖水と教えられて飲んだタレントさんが、天然水を飲んだ後の血糖値を計った結果、大幅に上昇していたそうです。要するに人間は思い込みで、何でもできるような構造になっているのでは?と思いました。

 そうそう、この変人プランを始めた理由の根源には、人間とは?という疑問があったからですね^^!
| コメント:6 | BACK TO TOP |

コメント

それでベジタリアンに目覚めたんでしたか!

普段、美味しいと言う味だけで『焼肉♪焼肉♪』とみんな喜んでますが、そうなる過程を知ったりあの生き物を食べているのか!って違う面から見た時肉が食べれなくなった知り合いがおります><

まったく食べれないんじゃないんですが、食べる時はカリカリ(炭になる寸前?w)になるまで焼かないと柔らかいと言う食感でダメなんだそうです^^;

↑のは個人の見方としても、最近良く発覚している偽造が増えてる?(昔から多かったけどようやく最近マスコミが取り上げただけ?)のも気持ちは良く無いですね><


もし世の中が野生のままだとしたら、生きた相手を襲って食べる・食べられると言うサイクルを考えるとまた少し違った見方も出来てきますが(これは完全な空想です)、安全な立場の人間に食べる為だけに育てられた動物と言うのが哀れでなりませんね;;


食べられる側になる事がなく知恵を持つと言うのは諸刃の生き物なのかも><


野菜物はほとんど作っていませんが、田舎なだけに回りは農家ばかりなんで、野菜はくれるし勝手に取っても絶対ばれない井戸水も出るから・・・・・・今後生き残るのは私なのか(`・ω・´) シャキーン

田んぼには米、畑に野菜、そして井戸水をこよなく愛する・・・私がひげでございます( ` ・ ω ・ ´ )シャキーン
(トトロの実写版・・・・誘いこないかなww)
2007/12/03(月) 03:17:47 | URL | ひげ #SFo5/nok [ 編集 ]
衝撃的です・・・これは・・・・どこの生肉工場でも麻酔死させないまま、こんな形で牛を殺してるんですか・・・牛が涙を流している場面で素で泣いてしまいました(泣)胸が痛いです。
牛にとって工場はアウシュビッツ同然ですね(泣)ちょと当分、牛を食べる時、この動画がフラッシュバックしそうです・・・・
2007/12/03(月) 04:52:34 | URL | 狼組二代目 #- [ 編集 ]
見れない・・・・・・・><
(´;ω;`)
少しだけ見ました  続き・・・・気になるけど・・・・・・・・

でも見れない・・・・・・・・・・・・

ウ・・・━━(。・ω・)ウワ━(。-ω-)ァァ━・゚・(。>ω<)・゚・━━ン!!!
少し ベジタリアン・・興味はあります・・㍉ですけど・・・

真実なら見なきゃ><!!!!!!!

でも見れないよぉおおおおおおおおおおおおお
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
初級映像って無いかなぁ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
2007/12/03(月) 15:22:24 | URL | リサ #O7xVy9HA [ 編集 ]
ひげさん
 もっと深くいろいろ調べてみると、ひげさん家のほうで、イルカを狩る港があるらしいです;;そのイルカの肉をクジラ肉として販売しているらしいという噂を聞きました;;
 肉をやめるとかじゃなくて、少なくとも、人間は食べ物に感謝して食べないといけないみたいですね!ついついあたり前になってしまっていますが・・・あとは、今この一瞬にも飢餓で亡くなる国の人々に対しても、やはり、何かの形でお礼?というか、何かをしないといけないのかな?とか思ってしまいました。私は田舎志向?なので、すごく、ひげさんの環境とか羨ましいと思います^^!

狼さん
 ごめんねえ;;別に衝撃的な映像を強調するつもりはなかったんですが・・・;;ただ、何も事情を知らないで、あたり前のように食べれる環境、それが悪いとはいいませんが、様々な犠牲のもとに我々が生きているっていうのを感じたから、こんな記事書いちゃった;;

リサちゃん?
 こんばんはー!休憩は充実していましたか?^^最初の方の映像は大丈夫ですよ!雲行き怪しくなったら、切るw
 食べ物を食べる喜びがあれば、無理にはお肉やめなくてもw今度初級版を探してきますね^^
2007/12/03(月) 20:04:49 | URL | ぱろ #- [ 編集 ]
こんにちは~^^

ご紹介の映像は中学生とかにぜひ見せたいですね。

実は、食に関しては深い関心があり、現代のように毎日肉を食べることができる状況に不審を抱いていました。

ダイエットやらなんやらで、私自身も肉をとらずに自然食に近い食生活をしていたことがあります。極端な生活から(日和見ベジタリアンです。魚と乳製品は食べるので・・・)、現在は穀物と芋・豆・野菜・魚が食の中心になっています。165cm64キロから現在は52キロ・・・体が軽くすこぶる調子がよいです。約10年で今の体重になり、よほどのことがないかぎりはかわりません(強いストレスでやせることのほうが多い)。長い時間をかけて今の食習慣に変わってきたので、むしろ野菜が足りないと食事に満足できなくなりました。今は牛を食べるのが、年に1回以下かも・・・

Gチャでちょっとだけ晒したことがあるのですが、協力隊に行っていたことがあります。同じ国の隊員に、赴任地ではまったく動物性のたんぱく質(卵を含む)がないとなげいていた人がいました。10日に1度くらい、泥臭い淡水性の貝が口に入る程度なのだと。それでさえもおいしく感じると。日和見ベジタリアン時代だったので、笑い飛ばしましたが・・・彼は3ヶ月に1度は首都に出てきて、肉を食ってましたからね・・・
魚以外の動物性たんぱく質って、ずっととってなくて、たまに食べるとほんとにほんとにおいしいんです。必須アミノ酸の中に、動物以外からは取れないものがあるらしいです。体が極限に近いところで要求するものなのだろうと思います。ご馳走だって感じるくらいの頻度で口にするのがよいのではないでしょうか・・・ね。

昔の、「ハレとケ」の食事に戻るべきだというのが持論です。現代は始終ハレの食事ですから。

自分の口に入れるものの最初の加工ができない、そんなものはできるかぎり食べるべきではないと思います。協力隊に行く前の研修期間に、鳥をつぶして食べるというプログラムがあり、生きている動物を食べるのには、それなりの覚悟がいると実感しました。
そんなわけで、飽食の時代に生きる方たちは、ご紹介の映像を是非見たらよいと感じました。




2007/12/06(木) 13:48:59 | URL | 藤パヴァロ #- [ 編集 ]
藤パヴァロパンプソンさん
 コメントありがとう!いやー感動した!!海外協力隊ですな!!人間だけじゃなく、また絶滅種だけじゃなく、命あるもの全てに命の尊さを伝える意味で、衝撃映像は無意味じゃなかったのですね!
今思うのは、食べ物だけでなく・・・
日本のように資本主義が発達して所得の格差が生まれて、ギリギリの生活を強いられる人が多くて・・・一方では森林壊して豚や牛を家畜にするために農場作って…地球温暖化は進み・・・全てが悪循環な方向に向かっているような気がしますね;;
今私たちにとって大切なことは・・・真実を知るということなのかなと思いますね!
2007/12/07(金) 00:08:09 | URL | ぱろ #- [ 編集 ]

コメントの投稿


非公開コメント

プロフィール

ぱろ

Author:ぱろ
3児の父親です。ごく普通の会社員です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。